« 金属溶解 | トップページ | 等価インピーダンス »

2012年8月 6日 (月)

雷害防止

◆法規「雷害防止に関する問題」

次の雷害に関する記述で誤っているのはどれか。

1.雷害防止には、避雷器の設置が有効である
2.避雷器は電路の末端に取り付けるのが原則である
3.雷害は誘導雷による障害が大半を占めている
4.障害は電位差に起因していることが多い
5.雷害は避雷針への落雷など直撃雷によるものもある

解答

2.


解説

避雷器は、電源系統には電源引込口に設置するのが原則である。
避雷針への落雷など直撃雷によるものもあるが、近傍への落雷によって
配電線に生じた雷サージが引込口から建物内に進入する誘導雷による
障害が大半を占めている。
その障害は電位差に起因していることが多く、
接地極の抵抗値の違いや離隔距離により電位差を発生し、
機器の絶縁破壊を起こすためである。


|

« 金属溶解 | トップページ | 等価インピーダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/46601581

この記事へのトラックバック一覧です: 雷害防止:

« 金属溶解 | トップページ | 等価インピーダンス »