« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月26日 (木)

速度調定率

◆電力「速度調定率に関する問題」

次の水力発電所における速度調定率に関する記述で誤っているのはどれか。

1.通常の水力発電所では、速度調定率を数%とする。
2.すべての発電所が同一の速度調定率であれば、負荷の配分は平等になる。
3.すべての発電所が同一の速度調定率であれば、系統の周波数を規定値に
保つことが容易である。
4.系統の周波数調整を行うために、出力調整の容易な発電所を選んで
自動的に出力調整を行っている。
5.正確な周波数自動調整を行うためには、各発電所に正確な調速機をを設け
て、速度調定率をなるべく小さくしておく。

解答

3.


解説

速度調定率
速度調定率(そくどちょうていりつ)は、調速機が正常に動作しているとき、
ある出力で発電運転中に出力が変化したときの速度変化の度合いである。

σ={(N1-N2)/N0}×100 (%)
σ:速度調定率
N1:水車発電機の無負荷時の速度
N2:水車発電機の全負荷時の速度
N0:水車発電機の規定速度

すべての発電所がこのような速度(σ=数%)であれば、負荷の配分は
平等になるが、系統の周波数を正しく規定値に保つことができなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

コンデンサ

◆理論「コンデンサに関する問題」

1(F)のコンデンサに直流100(V)の電圧を与えて充電した。
このときコンデンサに蓄えられるエネルギーを求めなさい。

解答

72 (J)


解説

W=(1/2)CV^2 (J)
W:静電エネルギー(J)
C:静電容量(F)
V:電圧(V)

W=(1/2)1×12^2=72 (J)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

電線の接続方法

◆法規「電線の接続方法に関する問題」

電技において、電線の引張強さを何%以上減少させないことになっているか。

1.5
2.10
3.15
4.20
5.25

解答

4.


解説

電線を接続する場合は、接続部分において電線の電気抵抗を増加させない
ように接続するほか、絶縁性能の低下及び通常の使用状態で断線のおそれが
ないようにしなければならない。

電線の接続方法において、電線の電気抵抗を増加させないように接続するほか、
つぎのように規定されている。
1.電線の引張強さを20%以上減少させないこと
2.接続部分は接続管その他の器具を使用するか、ろう付けすること
3.絶縁電線相互等を接続る場合は、接続部分の絶縁電線の絶縁物と
同等以上の絶縁効力のあるもので十分に被服すること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

変圧器

◆機械「変圧器に関する問題」

定格出力50(KVA)の単相変圧器2台を使用してV結線とした。
力率70%の三相負荷に最大何KWまで供給できるか。


解答

60.6(KW)


解説

単相変圧器V結線の利用率
利用率=(V結線の出力)/(設備容量)=√3P/2P
=0.866
P:単相変圧器1台の定格出力(KVA)

最大供給電力
Pm=2P×利用率×力率=2×50×0.866×0.7=60.6(KW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »