« 電気事業法 | トップページ | 1線地絡 »

2012年1月29日 (日)

渦電流損

◆理論「渦電流損に関する問題」

導体中に交番磁束(最大磁束密度Bm)が存在すると、
電磁誘導によって導体中に電流が流れる。
導体の導電率をσ、交番磁束の各周波数をωとするとき、
渦電流損は次のうちどれに比例するか。

1.ω^2σBm^2
2.ωBm/σ
3.ωσBm
4.ω^2Bm^2/σ
5.ωσBm^2

解答

1.


解説

導体中を交流磁束が通っているとき、
磁束の変化に伴って磁束の周りに電界が生じ、
磁束を取り巻くように循環する電流が流れる。
導体中に電流が流れればジュール損失が発生し、
導体の温度上昇の原因となる。

鉄心(平板)などの厚さ:t(m)
周波数:f(Hz)
磁束密度の最大値:Bm(T)
平板導体の低効率:ρ

渦電流による損失We=(kf^2t^2Bm^2)/ρ (W/m^3)

|

« 電気事業法 | トップページ | 1線地絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/43915004

この記事へのトラックバック一覧です: 渦電流損:

« 電気事業法 | トップページ | 1線地絡 »