« コンデンサ | トップページ | 同期機 »

2011年11月30日 (水)

配電線路

◆電力「配電線路に関する問題」

力率80(%)の三相平衡付加に供給している電線1条あたりの
抵抗およびリアクタンスが1.64(Ω)および0.76(Ω)の
三相3線式配電線路がある。
線路の電圧変動率が10(%)を超えないようにするための
最大負荷電力を求めなさい。
ただし、最大電力が負荷されたときの受電電圧は6000(V)とする。


解答

1629(KW)

解説

配電線路の受電電圧をVr(V)、抵抗R(Ω)およびリアクタンスX(Ω)、
負荷およびその力率(遅れ)をP(W)、cosθ(小数)とすると、
負荷電流I(A)は、

I=P/(√3Vrcosθ)

電圧変動率ε(%)は、
ε=(√3I(Rcosθ+Xsinθ)/Vr) ×100

=(P(R+Xtanθ)/Vr^2)×100

よってPを求めると、
P=εVr^2×10^-2/(R+Xtanθ)

=(10×(6000)^2×10^-2/(1.64+0.76×0.75)
=1629(KW)

|

« コンデンサ | トップページ | 同期機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/43204003

この記事へのトラックバック一覧です: 配電線路:

« コンデンサ | トップページ | 同期機 »