« 絶縁耐力試験 | トップページ | 変圧器の最大効率 »

2011年11月 6日 (日)

正弦波交流

◆理論「正弦波交流に関する問題」

インダクタンス0.01(H)にi=5cos2000t(A)が流れた。
インダクタンスの両端に生ずる電圧を示しなさい。

解答

100cos(2000t+90°)(V)


解説

インダクタンスに流れる電流は加えた電圧よりもπ/2(rad)位相が
遅れる。また、電流の最大値Imは電圧の最大値EmをωLで除したもの
であり、ωLは誘導リアクタンスといって、抵抗と同じく電流の大きさ
を決定するもので単位はオームを用いる。

ω=2πf=2000

誘導リアクタンスωL=2000×0.01=20 (Ω)

電圧降下e=i×ωL=100cos(2000t+90°)(V)


|

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 変圧器の最大効率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/42893177

この記事へのトラックバック一覧です: 正弦波交流:

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 変圧器の最大効率 »