« 火力発電所 | トップページ | 過電流遮断機 »

2011年9月16日 (金)

単相変圧器の並行運転

◆機械「単相変圧器の並行運転に関する問題」

単相変圧器を並行運転するときの条件で誤っているのはどれか。

1.極性が合っていること
2.巻数比と一次二次の定格電圧が等しいこと
3.百分率インピーダンス降下が等しいこと
4.抵抗と漏れリアクタンスの比が等しいこと
5.相回転が等しいこと


解答


解説


単相変圧器を並行運転するときには、その容量に比例した負荷を分担し、
循環電流が流れないことが必要である。
設問の中で相回転は、単相変圧器には存在しないので誤りである。

(1)極性が合致すること。
(2)巻数と定格電圧が等しいこと。
(3)抵抗と漏れリアクタンスの比が等しいこと。
(4)百分率インピーダンス降下が等しいこと。
(5)三相式では角変位が等しいこと。
(6)三相式では相回転が等しいこと。

|

« 火力発電所 | トップページ | 過電流遮断機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/41749981

この記事へのトラックバック一覧です: 単相変圧器の並行運転:

« 火力発電所 | トップページ | 過電流遮断機 »