« 高圧架空電線 | トップページ | 直流送電 »

2011年9月 3日 (土)

電流の単位

◆理論「電流の単位に関する問題」

電流の単位はA(アンペア)であるが、その定義で正しいのはどれか。


1.標準電圧と標準抵抗から定める
2.2本の直線状導体間に働く力から定める
3.水を熱して、温度上昇から定める
4.コイルに生ずる磁束から定める
5.特に精度のよい指示電流計の比較により定める

解答

解説

電流の定義
単位時間に導体内の面を通過する電荷の量

I=ΔQ/Δt(A)

電流(でんりゅう) は、荷電粒子(通常は電子であるが正孔・イオンの
場合もある)の移動に伴う電荷の流れ、もしくはある面を単位時間に通過する
電荷の量のことである。狭義には,電位差によって引き起こされる荷電粒子の
流れのことを言う。電子の流れと逆向きが電流の向きと定義されている。
電流の大きさの国際単位系での単位はアンペア(A )で、
SI基本単位の一つである。量を表す記号は I または J が一般的である 。


|

« 高圧架空電線 | トップページ | 直流送電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/41490966

この記事へのトラックバック一覧です: 電流の単位:

« 高圧架空電線 | トップページ | 直流送電 »