« 加熱効率 | トップページ | 電流の単位 »

2011年9月 2日 (金)

高圧架空電線

◆法規「高圧架空電線に関する問題」

高圧架空電線が建造物と接近状態に施設された場合、
高圧架空電線と建造物造営材との最小離隔距離として、誤っているのはどれか。

1.上部造営材の上方においては、原則として2(m)
2.上部造営材の上方においては、電線がケーブルの場合は1(m)
3.上部造営材の側方または下方においては、原則とて1.2(m)
4.上部造営材の側方または下方において、電線に人が容易に触れる恐れが
ないように施設する場合は、1(m)
5.その他の造営材においては、原則として1.2(m)


解答

4.


解説

「低高圧架空電線と建造物との接近」により、
上部造営材の側方または下方においては1.2(m)、
電線に人が容易に触れるおそれがないように施設する場合は0.8(m)

|

« 加熱効率 | トップページ | 電流の単位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/41472150

この記事へのトラックバック一覧です: 高圧架空電線:

« 加熱効率 | トップページ | 電流の単位 »