« 受電室の施設 | トップページ | 発電機の並行運転 »

2011年8月22日 (月)

交流回路

◆理論「交流回路に関する問題」

抵抗10(Ω)、誘導リアクタンス10√3(Ω)の直列回路に
100(V)の電圧を加えるとき、つぎの各問いに答えなさい。

1.電流の大きさ(A)
2.電圧・電流の位相差(rad)
3.皮相電力(VA)
4.有効電力(W)
5.無効電力(VAR)


解答

1.5(A)
2.π/3(rad)
3.500(VA)
4.250(W)
5.433(VAR)

解説
1.
I=V/Z=100/(√(10^2+(10√3)^2)=5(A)
2.
atan(x/r)=atan(10√3/10)=π/3(rad)
3.
W=I×V=5×100=500(VA)

P=I×V×cosθ=5×100×cos(π/3)=250(W)

Q=I×V×sinθ=5×100×sin(π/3)=433(VAR)

|

« 受電室の施設 | トップページ | 発電機の並行運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/41317114

この記事へのトラックバック一覧です: 交流回路:

« 受電室の施設 | トップページ | 発電機の並行運転 »