« 計測 | トップページ | 視感度 »

2011年6月16日 (木)

発電機の冷却方式

◆電力「発電機の冷却方式に関する問題」

次の発電機の冷却方式に関する記述で誤っているのはどれか。

1.回転数が大きい発電機の冷却用気体として、空気の代わりに水素ガスを用いる
2.水素ガスは空気に比べて密度が小さい
3.水素ガスを用いると風損が低減する
4.水素ガスと酸素ガスはある範囲の比率で混合すると爆発する危険がある
5.水素冷却にすると風損の約10%が低減できる


解答

5.


解説

空気冷却方式では発電機の全損失の40~45%が風損であるが、
水素冷却にすると1/10くらいに低減され、また、水素の熱伝達率が
大きいので空気で冷却するよりも定格出力が増加する。

|

« 計測 | トップページ | 視感度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/40423003

この記事へのトラックバック一覧です: 発電機の冷却方式:

« 計測 | トップページ | 視感度 »