« 二次電池 | トップページ | 電気力線 »

2011年5月 5日 (木)

対地電圧

◆法規「対地電圧に関する問題」

次に示す住宅屋内電路に関する対地電圧の記述で誤っているのはどれか。

1.対地電圧200(V)の回路にキーソケットを取り付けた
2.対地電圧100(V)の配線を人が触れることができる場所に施設した
3.100(V)のコンセントから電源をとって蛍光灯安定器に接続した
4.対地電圧200(V)の専用回路に2.5(KW)のクーラーを接続した
5.対地電圧200(V)の回路に漏電遮断器を取り付け、冷蔵庫に接続した


解答

解説

対地電圧の制限は電技解釈第162条(屋内電路の対地電圧の制限)により次の
ように決められています
住宅の屋内の電路の場合
白熱電灯 又は放電灯に電気を供給する屋内の電路の対地電圧は、
150V以下とすること。
ただし、次のように白熱電灯又は放電灯を施設する場合は、
300V以下とすることができます。
一 白熱電灯又は放電灯及びこれらに付属する電線は、人が触れるおそれが
ないように施設すること。
二 白熱電灯(機械装置に付属するものを除く。)又は放電灯用安定器は、
屋内配線と直接接続して施設すること。
三 白熱電灯の電球受口は、キーその他の点滅機構のないものであること。

住宅の屋内電路(電気機械器具の電路を除く。)の対地電圧は、
150V以下とすること。
ただし、定格消費電力が2kW以上の電気機械器具及びこれのみに電気を供給
するための屋内配線を次のように施設する場合は300V以下にする
ことができます。
一 使用電圧は、300V以下であること。
二 電気機械器具及び屋内の電線は、人が容易に触れるおそれがないように
施設すること。
ただし、電気機械器具であって、人が容易に触れるおそれがある部分が
絶縁性のある材料で堅ろうに作くられているもの又は乾燥した木製の床
その他これに類する絶縁性のあるもののうえで取り扱うように施設された
ものにあっては、この限りではない。
三 電気機械器具は、屋内配線と直接接続して施設すること。
四 電気機械器具に電気を供給する電路には、専用の開閉器又は過電流遮断器を
施設すること。
五 電気機械器具に電気を供給する電路には、電路に地絡が生じたときに
自動的に電路を遮断する装置を施設すること。
ただし、電路の電源側に定格容量が3kVA以下の絶縁変圧器(1次電圧が低圧で
あって、2次電圧が300V以下のものに限る。)を人が容易に触れるおそれが
ないように施設し、かつ、当該絶縁変圧器の負荷側の電路を接地しない場合は、
この限りではない。


|

« 二次電池 | トップページ | 電気力線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/39874662

この記事へのトラックバック一覧です: 対地電圧:

« 二次電池 | トップページ | 電気力線 »