« 電気力線 | トップページ | 変圧器の負荷時時タップ切換装置 »

2011年5月 9日 (月)

系統構成

◆電力「系統構成に関する問題」

次の特高・高圧系統の方式で、負荷の分布に対応して、もっとも自然的形状を、
幹線および分岐線で構成するもはどれか。


1.放射状方式
2.1回線ループ方式
3.2回線ループ方式
4.異バンクループ方式
5.多重ループ方式


解答


解説

放射状方式
この方式は信頼度向上のため、一般に幹線および分岐線の適当な位置に
区分開閉器を設け、線路を分割し、事故時の停電区間の縮小化をはかっている。
また、分割区間に連系開閉器をかいして隣接線路と接続し、事故時の
健全区間への逆送ができるようにした多分割多連系の方式もある。

|

« 電気力線 | トップページ | 変圧器の負荷時時タップ切換装置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/39926384

この記事へのトラックバック一覧です: 系統構成:

« 電気力線 | トップページ | 変圧器の負荷時時タップ切換装置 »