« 系統構成 | トップページ | 高圧架空電線 »

2011年5月11日 (水)

変圧器の負荷時時タップ切換装置

◆機械「変圧器の負荷時時タップ切換装置に関する問題」

次の変圧器の負荷時時タップ切換装置に関する記述で誤っているのはどれか。

1.普通の変圧器よりもタップ数が10~20タップと多い
2.±10(%)程度の電圧調整を行うことができる
3.直接切換方式におけるタップの接続方法には、粗密タップ方式と
極性転換方式がある
4.間接切換方式は、直列変圧器の励磁電流を加減して電圧調整を行う
5.負荷時タップ切換装置は、リアクトル式と抵抗式に大別できる


解答

4.

解説

間接切換方式は、直列変圧器の励磁電圧を加減して電圧調整を行う。
直列変圧器の一次巻線と主変圧器鉄心に巻かれたタップ巻線とを、
負荷時タップ切換器を介して接続している。

|

« 系統構成 | トップページ | 高圧架空電線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/39949509

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器の負荷時時タップ切換装置:

« 系統構成 | トップページ | 高圧架空電線 »