« 電気事業法 | トップページ | 配電線の電圧調整 »

2011年4月19日 (火)

ダイオード

◆理論「ダイオードに関する問題」

ダイオードを使用した半波整流かいろがある。
実効値100(V)の正弦波交流電圧を加えるには、
ダイオードの逆耐圧電圧として必要な最低電圧はいくらになるか。

解答

283(V)

解説

電源電圧の実効値が100(V)であるから、ダイオードに加わる
電圧最高値は、
√2×100(V)=141(V)となる。
このような回路に使用するダイオードには、
正方向にこの電圧が加わるとともに負方向にも同じ大きさの電圧が加わる。
すなわち、正負間の電圧は2×141(V)=282(V)となる。
ダイオードは、この電圧に耐えなければならない。

|

« 電気事業法 | トップページ | 配電線の電圧調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/39674244

この記事へのトラックバック一覧です: ダイオード:

« 電気事業法 | トップページ | 配電線の電圧調整 »