« 配電線の電圧調整 | トップページ | 接地工事の接地線 »

2011年4月22日 (金)

自動制御

◆機械「自動制御に関する問題」

1.PID制御は、シーケンス制御の一種である。
2.P制御は比例制御の意味である
3.I動作は積分動作の意味である
4.D動作は微分動作の意味である
5.出力値と目標値との偏差を残留偏差またはオフセットという


解答

1.

解説

PID制御(ピーアイディーせいぎょ)は、フィードバック制御の一種であり、
入力値の制御を出力値と目標値との偏差、その積分、および微分の
3つの要素によって行う方法のことである。
制御理論の一分野をなす古典制御論の枠組みで体系化されたもので
長い歴史を持つが、フィードバック制御の基礎ともなっており、
様々な制御手法が開発・提案され続けている今に至ってもなお産業界では
主力の制御手法であると言われている。

|

« 配電線の電圧調整 | トップページ | 接地工事の接地線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/39713801

この記事へのトラックバック一覧です: 自動制御:

« 配電線の電圧調整 | トップページ | 接地工事の接地線 »