« ペルチェ素子 | トップページ | ビオ・サバールの法則 »

2011年2月 4日 (金)

防災電源

◆法規「防災電源に関する問題」

次の内、防災電源として自家発電設備の設置義務が無いのはどれか。

1.排煙設備
2.屋内消火栓設備
3.防火戸、防火ダンパー
4.非常コンセント設備
5.連結送水管


解答

3.


解説

法律による消防法適合の自家発電装置の設置義務
消防法は特定防火対象物および新規建築物について、それぞれの基準に
よりスプリンクラーなどの防火設備と、それを働かせる非常用電源の設置を
義務づけています。

■法規により非常用予備電源が必要な設備

[ 建築基準法関係 ](予備電源)
排煙設備
非常用照明装置(10秒始動)
非常用進入口
非常用排水設備
非常用エレベータ 屋内消火栓設備

[ 消防法関係 ](非常用電源)
スプリンクラー設備
水噴霧消火設備
泡消化設備
二酸化炭素消火設備
ハロゲン化物消化設備
粉末消化設備 排煙設備
自動火災報知設備
非常警報設備
無線通信補助設備
誘導灯設備
非常放送設備
非常用コンセント設備

|

« ペルチェ素子 | トップページ | ビオ・サバールの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/38734364

この記事へのトラックバック一覧です: 防災電源:

« ペルチェ素子 | トップページ | ビオ・サバールの法則 »