« 施設管理 | トップページ | 蒸気タービン »

2011年1月20日 (木)

電気計測

◆理論「電気計測に関する問題」

最大目盛5(mA)、内部抵抗R=5(Ω)の直流電流計を最大目盛15(V)、
0.1(A)の電圧電流計とするには、倍率抵抗rおよび分流抵抗Sを
それぞれ何Ωにすればよいか。


解答

倍率抵抗r=2995(Ω)

分流抵抗S=0.263(Ω)

解説

電圧計として15(V)を測定する場合、15(V)に対して5(mA)
流れればよいので、
15/(R+r)=5×10^-3

r=15/(5×10^-3)-5=3000-5=2995(Ω)


電流計として0.1(A)を測定する場合、倍率mは
m=0.1/(5×10^-3)=20

したがって、分流器Sは、内部抵抗をRとすれば、
S=R/(m-1)=5/(20-1)= 0.263(Ω)


|

« 施設管理 | トップページ | 蒸気タービン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/38545517

この記事へのトラックバック一覧です: 電気計測:

« 施設管理 | トップページ | 蒸気タービン »