« 抵抗率 | トップページ | 送風機 »

2010年12月17日 (金)

故障点標定

◆電力「故障点標定に関する問題」

ケーブル内のパルス伝搬速度を160(m/μs)、
パルスを送り出してから反射して返ってくるまでの時間が、3(μs)であったと
すると、
故障点までの距離は何mとなるか。

解答

240(m)


解説

パルスによる故障点標定によれば、故障点までの距離は次式で与えられる。
L=vt/2(m)

よって、
L=160×3/2
=240(m)

|

« 抵抗率 | トップページ | 送風機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/38117603

この記事へのトラックバック一覧です: 故障点標定:

« 抵抗率 | トップページ | 送風機 »