« 同期電動機 | トップページ | オームの法則 »

2010年12月 3日 (金)

接地工事

◆法規「接地工事に関する問題」

D種接地工事を施す場合として誤っているのは次のうちどれか。

1.高圧の計器用変成器の2次側電路
2.使用電圧200Vの機械器具の鉄台、金属製外箱及び鉄わく
3.電気防食用電源装置の金属製の外箱の接地
4.電気浴器用電源装置の金属製外箱及び電線を収める金属管の接地
5.高圧電路に施設する避雷器


解答


解説

高圧電路に施設する避雷器には、A種接地工事を施すこと

高圧の計器用変成器の2次側電路には、D種接地工事を施すこと

D種接地工事
高圧計器用変成器の2次側電路、300V以下の機器の鉄台、外箱、
地中線を収める管等、電線接続箱、金属被覆、
架空ケーブルメッセンジャーワイヤ、300V以下の電線管、
金属ダクト、バスダクト、ラック、フロアダクト、ライティングダクト、
線ぴ、X線装置等


|

« 同期電動機 | トップページ | オームの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/37945076

この記事へのトラックバック一覧です: 接地工事:

« 同期電動機 | トップページ | オームの法則 »