« 直列共振 | トップページ | 誘導電動機 »

2010年10月21日 (木)

架空電線

◆電力「架空電線に関する問題」

100(mm^2)硬銅より線の20(℃)における抵抗を
0.1770(Ω/km)とすれば、60(℃)における抵抗は
いくらになるか。
ただし、標準軟銅の20(℃)における定質量温度係数を0.00393、
硬銅線のパーセント導電率を97(%)とする。

解答

0.205(Ω/km)


解説

ある抵抗のt1(℃)における抵抗をR1(Ω)、t2(℃)における抵抗を
R2(Ω)とすると、R2は次式で表される。
ただし、a1はt1(℃)のときの抵抗温度係数である。
R2=R1(1+a1(t2-t1))

=0.177×(1+0.00393×(60-20))= 0.205(Ω/km)

|

« 直列共振 | トップページ | 誘導電動機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/37333283

この記事へのトラックバック一覧です: 架空電線:

« 直列共振 | トップページ | 誘導電動機 »