« 原子時計 | トップページ | 電流 »

2010年9月 2日 (木)

配線用遮断器

◆法規「配線用遮断器に関する問題」

定格電流が20(A)の配線用遮断器で保護される、
低圧屋内配線の分岐回路の施設に関する記述で誤っているのはどれか。


1.配線に直径1.2(mm)の軟銅線を導体とするビニル外装ケーブルを使用した。
2.定格電流が20(A)のコンセントを接続した。
3.使用電圧が200(v)の40(w)蛍光灯器具を接続した。
4.公称直径が39(mm)のねじ込み形ソケットを使用している高圧ナトリウム
ランプを接続した。
5.使用電圧が200(v)、定格容量が1.2(kw)の電熱器を配線に
直接接続した。


解答

1.

解説


低圧屋内配線は、直径1.6mmの軟銅線若しくはこれと同等以上の
強さ及び太さのもの又は断面積が1mm^2以上のMIケーブルであること。
ただし、屋内配線の使用電圧が300v以下の場合において次の各号の
いずれかに該当するときは、この限りでない。

1.電光サイン装置、出退表示灯その他これらに類する装置または
制御回路等に用いる配線に・・・・・
2.
3.第198条の規定により断面積0.75mm^2以上のコードまたは
キャプタイヤケーブルを使用する場合。
4.第200条の規定によりエレベーター用ケーブルを使用する場合。

|

« 原子時計 | トップページ | 電流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/36505602

この記事へのトラックバック一覧です: 配線用遮断器:

« 原子時計 | トップページ | 電流 »