« 抵抗率 | トップページ | 輝度 »

2010年9月17日 (金)

単相3線式

◆電力「単相3線式に関する問題」

単相3線式の幹線がある。
各線をr、n、tとすると、
電源電圧はr-nが104(v)、t-nが104(v)である。

線路抵抗はrが0.1(Ω)、nが0.2(Ω)、tが0.1(Ω)のとき、
r-n間に抵抗負荷20(A)とt-n間に抵抗負荷10(A)
が接続されている。

中性線が断線した場合の各負荷電圧を求めなさい。
ただし、負荷抵抗は断線前後で変化しないものとする。


解答

Vrn=67(V)

Vtn=140.7(V)


解説

Rrn=(104-20×0.1-10×0.2)/20=5(Ω)

Rtn=(104-10×0.1+10×0.2)/10=10.5(Ω)

断線後の電流
I2=208/(5+10.5+0.1+0.1)=13.2(A)

各負荷にかかる電圧
Vrn=5×13.2=66(V)

Vtn=10.5×13.2=138.6(V)

|

« 抵抗率 | トップページ | 輝度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/36790852

この記事へのトラックバック一覧です: 単相3線式:

« 抵抗率 | トップページ | 輝度 »