« フレミングの左手の法則 | トップページ | 自動制御器具番号 »

2010年9月22日 (水)

電線のたるみ

◆電力「電線のたるみに関する問題」

径間100(m)の架空電線路がある。
電線(m)当たりの自重は0.3(kg)
風圧荷重は0.8(kg)
引張荷重は1500(kg)
安全率は4とするとき、
電線のたるみを求めなさい。


解答

2.85(m)

解説

電線のたるみDは、
D=WS^2/(8T)  (m)

W:電線1(m)当たりの重量(kg)
S:径間(m)
T:電線の水平張力{支持点での最大張力)}(kg)

W=√(0.3^2+0.8^2)= 0.854
T=1500/4=375

D=0.854×100^2/(8×375)=2.85  (m)

|

« フレミングの左手の法則 | トップページ | 自動制御器具番号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/36877726

この記事へのトラックバック一覧です: 電線のたるみ:

« フレミングの左手の法則 | トップページ | 自動制御器具番号 »