« 同期電動機 | トップページ | 電流 »

2010年8月26日 (木)

金属ダクト工事

◆法規「金属ダクト工事に関する問題」

次の金属ダクト工事に関する記述で誤っているのはどれか。

1.電線は、絶縁電線であること。
2.電灯設備において、金属ダクトに収める電線の断面積の総和は、
ダクトの内部断面積の30%以下であること。
3.金属ダクト内では、電線に接続点を設けないこと。
4.金属ダクト内の電線を外部に引き出す部分には、金属ダクトの貫通部分で
電線が損傷する恐れがないように施設すること。
5.金属ダクト内には、電線の被服を損傷する恐れのあるものを収めないこと。

解答

2.

解説


金属ダクトに収める電線の断面積(絶縁被覆の断面積を含む)の総和は、
ダクトの内部断面積の20%(電光サイン装置、出退表示灯その他これらに類する
装置又は制御回路等の配線をのみを収める場合は50%)以下であること。

|

« 同期電動機 | トップページ | 電流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/36373813

この記事へのトラックバック一覧です: 金属ダクト工事:

« 同期電動機 | トップページ | 電流 »