« 昇圧器 | トップページ | 高圧ケーブルの絶縁劣化診断 »

2010年7月20日 (火)

析出

◆機械「析出に関する問題」

銅の原子量をzとするとき、銅イオンCu^2+を含む溶液に電流を流して、
負極にz(g)の銅Cuを析出するのに必要な電荷量(C)の値を求めなさい。
ただし、1ファラデーは、9.65×10^4(C/mol)で
電流効率は100(%)とする。

解答


1.93×10^5 (C)


解説

Cu^2+は2価のイオンだから、1モルを析出するのに2ファラデーが
必要である。
原子量がzの金属は、z(g)が1モルだから、
必要な電荷量は、

2×9.65×10^4=1.93×10^5 (C)

|

« 昇圧器 | トップページ | 高圧ケーブルの絶縁劣化診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/35824624

この記事へのトラックバック一覧です: 析出:

« 昇圧器 | トップページ | 高圧ケーブルの絶縁劣化診断 »