« 発振装置付電力量計 | トップページ | 変圧器の全日効率 »

2010年2月15日 (月)

変圧器

◆機械「変圧器に関する問題」

低格容量100(KVA)、定格二次電圧210(V)の三相変圧器があり、
無負荷損は460(W)、定格時の負荷損は1790(W)、
短絡インピーダンス(インピーダンス電圧)は3.5(%)である。
この変圧器の百分率抵抗降下(%)、百分率リアクタンス降下(%)
及び、力率0.8における電圧変動率を求めなさい。


解答

%p:1.79(%)
%q:3.01(%)
ε:3.24(%)


解説

%p=I2r/(V2/√3)×100=√3I2^2・r/(V2I2)×100
=3I2^2・r/(√3V2I2)×100
分子は変圧器の定格容量(VA)を、分母は変圧器の負荷損を意味するから
%p=1790/(100×10^3) ×100=1.79(%)

%q=√(z^2-p^2)=√(3.5^2-1.79^2)=3.01(%)


電圧変動率ε=pCOSθ+qSINθ
電圧変動率ε=1.79×0.8 +3.01×0.6

|

« 発振装置付電力量計 | トップページ | 変圧器の全日効率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/33392326

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器:

« 発振装置付電力量計 | トップページ | 変圧器の全日効率 »