« 配電線の電力損失 | トップページ | 屋内配線 »

2010年1月 6日 (水)

自動制御

◆機械「自動制御に関する問題」

次のA群の記述に対応するものをB群より選びなさい。

A群
(1)伝達関数
(2)インパルス応答
(3)ステップ応答
(4)定常偏差
(5)伝達要素


B群
(イ)入力信号として単位ステップ関数u(t)(L|u(t)|=1/s)
を与えたときの出力信号g(t)
(ロ)比例要素(増幅器など)、微分要素(直流発電機など)、積分要素(
直流電動機など)一次遅れ要素
(ハ)入力信号として単位インパルスσ(t)(L{σ(t)}=1)を
与えたときの出力信号g(t)
(ニ)系の全ての初期値を零としたときの入力信号y(t)と出力信号x(t)の
ラプラス変換域における比
(ホ)制御系である標準的な入力に対しての定常状態における偏差


解答

(1)-(ニ)
(2)-(ハ)
(3)-(イ)
(4)-(ホ)
(5)-(ロ)

解説

伝達関数は、すべての初期値を零とおいたときの、制御系の出力と入力の
ラプラス変換の比で表される。すなわち、出力信号のラプラス変換を Y(s)、
入力信号のラプラス変換を U(s) とすれば、伝達関数 G(s) は

G(s)=Y(s)/U(s)

と表される。

この伝達関数法では、時間領域の関数を、ラプラス変換によって周波数領域に
変換することにより、系の特性や安定性を解析するのに用いる。
ただし、対象となる系が 1入力 1出力(線形関数)に限られているため、
複雑な系(多入力多出力、非線形)の解析には状態空間法を用いる。
しかしながら、この伝達関数法は、今日の制御理論においても基礎となる
重要な理論である。

|

« 配電線の電力損失 | トップページ | 屋内配線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/32884225

この記事へのトラックバック一覧です: 自動制御:

« 配電線の電力損失 | トップページ | 屋内配線 »