« 自動制御 | トップページ | リレーショナルデータベース »

2009年12月 8日 (火)

配電線路

◆法規「配電線路に関する問題」

低圧架空電線と高圧架空電線とを同一支持物に施設する場合は、両電線相互の
離隔距離を、原則として、何センチメートル以上としなければならないか。


1.30
2.50
3.80
4.100
5.120

解答

解説

低高圧架空電線等の併架

低圧架空電線を高圧架空電線の下とし、別個の腕金類に施設すること。

低圧架空電線を高圧架空電線の離隔距離は、50cm以上であること。
ただし、かど柱、分岐柱等で混触の恐れが無いように施設する場合は、
この限りでない。


(離隔距離)


Rikakukyori

|

« 自動制御 | トップページ | リレーショナルデータベース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/32537185

この記事へのトラックバック一覧です: 配電線路:

« 自動制御 | トップページ | リレーショナルデータベース »