« クーロンの法則 | トップページ | 誘導電動機の同期速度 »

2009年11月12日 (木)

水力発電所

◆電力「水力発電所に関する問題」

出力20000(KW)、有効落差100(m)の水力発電所がある。
水位が減少して有効落差が85(m)になった。このとき水車に流入する
流量Q(m^3/s)を求めなさい。ただし、水車及び発電機の総合効率は
85(%)で一定とする。

解答

22.1(m^3)


解説


有効落差100(m)のときの流量Q1(m^3)を求める。

Q1=20000/(9.8×100×0.85)=24(m^3/s)

有効落差が減少したときの流量Q2(m^3)を求める。

Q2=24×(85/100)^1/2 =22.1(m^3)


Suiryokuhatudensyo

|

« クーロンの法則 | トップページ | 誘導電動機の同期速度 »

コメント

いつもご利用ありがとうございます。
流量は圧力に比例しますが、
圧力は流速が下がると低くなりますので、
流量はこの問題の解説のような式となります。
また、この関係はベルヌーイの法則より
導かれます。

投稿: 電験二郎 | 2009年11月15日 (日) 20時53分

おはようございます。
前の質問は訂正します。

解答をよくみると
24×(85/100)^1/2
と(1/2)乗でした。
なぜ(1/2)乗になるのでしょうか?

投稿: Giants | 2009年11月15日 (日) 09時18分

こんばんは。よく貴ホームページ利用させて頂いてます。
何故、流量が落差の2乗に比例するのですか?
ご教授よろしくお願いします。

投稿: Giants | 2009年11月14日 (土) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/32188780

この記事へのトラックバック一覧です: 水力発電所:

« クーロンの法則 | トップページ | 誘導電動機の同期速度 »