« 同期発電機 | トップページ | 低圧屋外配線 »

2009年9月16日 (水)

情報処理

◆機械「情報処理に関する問題」

次の文章の空白に入れるべき最も適切な答えを解答群の中より選びなさい。

ディスプレイ装置でのカラー画像データは、赤、青、緑の3成分の色情報として
扱われる。
各成分を8段階の濃淡情報で扱うと成分ごとに「 1 」ビット必要で、
「 2 」種類の色を表現でき、256段階の濃淡情報で取り扱うと
成分ごとに「 3 」ビット必要で、「 4 」種類の色を表現できる。
標準規格VGAのサイズである横640ドット×縦480ドットの
画像データを、上記256段階の濃淡情報で扱うと、全体で「 5 」
キロバイトのデータ量となる。
この画像を30画面/秒で転送する場合、データを1/80に圧縮すれば
2765キロビット/秒の回線が必要になる。


解答群
a.NTSC  b.SVGA  c.VGA  d.4096
e.32768  f.1677万  g.3  h.4
i.8  J.16  k.512  l.921.6
m.3276

解答

1-g
2-k
3-i
4-f
5-l

解説

カラーディスプレイの画像データは、赤、青、緑の3成分RGBの
色情報として扱われる。
各成分を8段階の濃淡情報で扱うと、成分ごとに8=2^3となるから
3ビット必要で、2^3×2^3×2^3=512種類の色を表現できる。
256段階の濃淡情報で扱うと、成分ごとに256=2^8となり、
8ビット必要で2^8×2^8×2^8=1677万色の色を表現できる。

横640ドット×縦480ドットの画像データを256段階の濃淡情報で
扱うとRGB全体で、
640×480×8×3=7372800 ビット
7372800/8=921.6 キロバイト
のデータ量となる。
この画像を30画面/秒で転送する場合、データを1/80に圧縮すれば、

921.6×30× 1/80 ×8=2765 キロビット/秒

|

« 同期発電機 | トップページ | 低圧屋外配線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/31398553

この記事へのトラックバック一覧です: 情報処理:

« 同期発電機 | トップページ | 低圧屋外配線 »