« 低圧屋外配線 | トップページ | 変圧器 »

2009年9月18日 (金)

エネルギー順位

◆理論「エネルギー順位に関する問題」
原子が多数集合して結晶を作る場合、ある幅をもったエネルギー順位となる。
次のエネルギー順位に関する記述に適合する答えを解答群の中より選びなさい。

1.電子が存在できる部分

2.電子が存在できない部分

3.許容体に電子がいっぱいになっている場合

4.電子の入る余地のある許容帯

5.禁止帯の幅


解答群

a.エネルギーギャップ
b.禁止帯
c.伝導帯
d.許容帯
e.充満帯


解答

1-d
2-b
3-e
4-c
5-a

解説

原子核の回りのいくつかの軌道を電子が回っている。
この軌道に入りうる電子の数はパウリの排他定理により決まる。
軌道に入る電子は必ず核に近い順に埋められる。
内側の軌道ほど電子の持っているエネルギーは少なくてすみ、電子は常に
低いエネルギーの位置に落ち着こうとする。
軌道の間には、エネルギーの大小差(エネルギー順位)が存在する。

|

« 低圧屋外配線 | トップページ | 変圧器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/31430244

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー順位:

« 低圧屋外配線 | トップページ | 変圧器 »