« 空気調和 | トップページ | ディスク(コンピュータ) »

2009年8月11日 (火)

受配電設備

◆法規「受配電設備に関する問題」

次の受配電設備における主な省エネルギー対策の内誤っているのはどれか。

1.受変電設備は受電点の中心近くに設置する
2.デマンド監視制御装置を設けて、使用電力が契約電力を超過しないように
対策すると共に、送配電設備の過負荷による損失を防止する
3.進相用コンデンサの取り付けにより力率を改善し、電力損失の低減や
電圧降下の改善を図る
4.配電方式は、負荷の種類や容量などに応じて適切なものを選定する
5.配電系統は部門別に整理し、系統ごとに管理用計器を取り付けることなど
により、電圧降下や電圧変動率を監視すると共に、各相間のアンバランスが
認められた場合はこれを是正する

解答

1.


解説
1.受変電設備は負荷の中心近くに設置する
が正解

受配電設備の主な省エネルギー対策は、設置位置、デマンド監視制御装置の設置、
力率改善、配電方式の適正化、管理用計器の適正使用などである。

受変電設備の位置選定にあたっては、次の条件を考慮することが必要である。
負荷重心に近く、低圧電線工事に都合のよい場所であること
 負荷が分散している場合は、変圧器バンクを適当な場所に分割配置する。
電線の引き込み、構内の配電線の引き出しに便利であること
 構内配電線が長くならないことが大切である。配電線が長くなる時は電力損失、
電圧降下、建設費などを総合的に検討する。
将来の増設、拡張の余地を考慮する
 将来の増設時に手戻りなく、設備増設またはバンクの増大を可能にする。
温度・湿度が高いところを避ける
爆発物、可燃性物質貯蔵所などの付近を避ける
塩害や腐食性ガス、塵埃などの多いところを避ける
地盤が強固で、機器の搬入、搬出に便利なところ

|

« 空気調和 | トップページ | ディスク(コンピュータ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30915197

この記事へのトラックバック一覧です: 受配電設備:

« 空気調和 | トップページ | ディスク(コンピュータ) »