« ポンプの可変速運転 | トップページ | 受配電設備 »

2009年8月10日 (月)

空気調和

◆機械「空気調和に関する問題」

次の空気調和システムの自動制御に関する記述に適合する答えを
解答群の中より選びなさい。

人間を対象とする快感空調においては室内温湿度設定条件の幅は比較的広い。
制御温度を一定とする「 1 」を採用すると、省エネルギー化はもとより
保健衛生的にも空調の目的に反する結果となることがあるので、
「 2 」温度の変動に合せて室内温度の設定点を変動させる「 3 」
制御や、「 4 」方式においてダンパ開度や室温の状況に応じて
行う給気温度「 5 」制御など、設定温度の最適化が省エネルギーに
大きな役割を演じる。

解答群
a.設定温湿度
b.追従制御
c.変風量
d.変水量
e.定値制御
f.外気
g.湿度
h.日射補償
i.冷水温度
j.定風量
k.定水量
l.外気補償
m.微分
n.積分
o.リセット


解答

1-e.定値制御
2-f.外気
3-l.外気補償
4-c.変風量
5-o.リセット


解説

快感空調においては、制御遅れなどによる無駄時間が大きいとき、
室温の状況に応じて給気温度リセット制御を行い精度を良くしている。
また、外気温度に応じて設定値を変更し、快感度を向上させる外気補償制御も
加えられ、設定温度の最適化により省エネルギーが図られている。

|

« ポンプの可変速運転 | トップページ | 受配電設備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30906193

この記事へのトラックバック一覧です: 空気調和:

« ポンプの可変速運転 | トップページ | 受配電設備 »