« 同期電動機 | トップページ | コンデンサ »

2009年8月25日 (火)

高圧架空電線

◆法規「高圧架空電線に関する問題」

高圧架空電線に高圧絶縁電線を使用し、人が容易に触れる恐れが無いように
施設する場合の建造物の側方との離隔距離で次の内正しいのはどれか。

1.0.8m以上
2.0.6m以上
3.1.2m以上
4.2m以上
5.3m以上

解答

1.0.8m以上

解説

高圧架空電線が、他の工作物と接近状態または上方交差して施設される場合には、
高圧保安工事により施設しなければならない。
ただし、工作物が建造物、道路、横断歩道橋、鉄道、軌道、索道、架空弱電流
電線路、アンテナ、交流電車線など、低圧または高圧の電車線、低圧架空電線、
他の高圧架空電線及び特別高圧架空電線以外のものである場合は、
高圧架空電線路の電線の切断、支持物の倒壊などの際に、高圧架空電線が
当該工作物と接触することにより人に危険を及ぼすおそれがある時に限り、
高圧保安工事を適用すれば良い

|

« 同期電動機 | トップページ | コンデンサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/31100772

この記事へのトラックバック一覧です: 高圧架空電線:

« 同期電動機 | トップページ | コンデンサ »