« 電力用変圧器 | トップページ | クーロンの法則 »

2009年8月29日 (土)

特別高圧架空電線路

◆法規「特別高圧架空電線路に関する問題」

市街地その他、人家の密集する地域に施設する使用電圧が22kvの
特別高圧架空電線路の電線に特別高圧絶縁電線を使用する場合、
電線の地表上の高さは、何メートル以上としなければならないか。
正しい値を次の内から選びなさい。

1.5m
2.6m
3.7m
4.8m
5.10m


解答

4.8m

解説

電圧の地表上の高さは、表の左欄に掲げる特別高圧架空電線路の使用電圧の
区分に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げる値以上であること。
ただし、発電所又は変電所若しくはこれに準ずる場所の構内と構外とを
結ぶ1径間の架空電線路にあっては、この限りでない。

・使用電圧の区分-35000V以下
地表上の高さ-10m(電線に特別高圧絶縁電線を使用する場合は8m)

・使用電圧の区分-35000Vを超えるもの
地表上の高さ-10mに35000Vを超える10000V又はその端数
ごとに12cmを加えた値

|

« 電力用変圧器 | トップページ | クーロンの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/31154501

この記事へのトラックバック一覧です: 特別高圧架空電線路:

« 電力用変圧器 | トップページ | クーロンの法則 »