« 変圧器の並列運転 | トップページ | 低圧屋内配線 »

2009年7月 3日 (金)

三相誘導電動機の速度制御

◆機械「三相誘導電動機の速度制御に関する問題」

インバータによる三相誘導電動機の速度制御は、つぎにあげる方式のどれに
相当するか。

1.周波数制御
2.極数変換による制御
3.端子電圧を変えて行う制御
4.二次抵抗による制御
5.縦続法

解答

1.

解説

1.周波数制御
電源の周波数を変えると同期速度が変わるので電動機の回転数も可変できる。

2.極数変換による制御
電動機の固定子巻線の接続を変える事によって極数を変えると同期速度が変わる
ので電動機の回転数を変えることができる。

3.端子電圧を変えて行う制御
始動補償器のような三相変圧器をもちいて、電動機に加わる電圧を調整して
負荷の所要トルクと平衡させた速度を得るもので速度制御範囲は狭い。

4.二次抵抗による制御
二次抵抗法による始動法と全く同じ方法で、抵抗器の抵抗値を変える事に
よって電動機の速度を制御する。

5.縦続法
極数の異なる二つの電動機を同軸に接続し、一方は電源につなぎ、その
スリップリングからの二次出力を他方の固定子巻線に接続すると、
回転速度は二つの電動機の極数の和を極数とする電動機の回転数となる。

N=120f/(p1+p2)
f:電源周波数Hz
p1、p2:二つの電動機の極数

|

« 変圧器の並列運転 | トップページ | 低圧屋内配線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30379529

この記事へのトラックバック一覧です: 三相誘導電動機の速度制御:

« 変圧器の並列運転 | トップページ | 低圧屋内配線 »