« 使用済核燃料再処理 | トップページ | 電線路 »

2009年7月17日 (金)

同期発電機の短絡比

◆機械「同期発電機の短絡比に関する問題」

同期発電機の短絡比sは次の式によって現されるが、式中の空白に適合する
組み合わせとして正しいのはどれか。

s=
{(a)の発生に要する励磁電流}/{(b)時に定格電流を流すときの励磁電流}

1.(a)定格電流    (b)1線地絡
2.(a)定格周波数   (b)三相短絡
3.(a)三相短絡電流  (b)定格電圧
4.(a)無負荷定格電圧 (b)三相短絡
5.(a)定格電流    (b)定格周波数


解答

4.

解説

短絡比の大なる同期機は、鉄心の量が多くなり、機械の寸法や重量が大きくなり、
鉄損や機械損などの固定損が大きくなり、効率が低下し価格も高くなる。
そのかわり、電機子反作用、電圧変動率が小さくなり、過負荷耐量が大きく
なりことから、安定度や線路充電容量が大きくなります。(鉄機械)
 短絡比の小さい同期機は、電機子巻線の量が標準より多くなり、
機械の寸法や重量が小さくなって銅機械と呼ばれる。

|

« 使用済核燃料再処理 | トップページ | 電線路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30585110

この記事へのトラックバック一覧です: 同期発電機の短絡比:

« 使用済核燃料再処理 | トップページ | 電線路 »