« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

かご形誘導電動機

◆機械「かご形誘導電動機に関する問題」

次のかご形誘導電動機に関する記述で文中の空白に適合する答えを解答群の
中より選びなさい。

かご形誘導電動機は「 1 」形として使用される場合が多かったが、
最近はインバータを用いて「 2 」を制御して回転速度を変化させる
可変速運転が一般的となっている。
この場合、インバータに含まれる「 3 」成分による損失を考慮しても、
巻線形誘導電動機の「 4 」制御による方法に比べて、省エネルギー効果が
大きく、保守も容易である。
インバータ出力は通常、「 5 」/周波数 が一定の制御が行われ
電動機磁気回路内の磁束を一定に保ち、低速運転時の過励磁による
加熱、騒音、振動の防止を図っている。

解答群
a.変速
b.鉄損
c.銅損
d.磁界
e.定速
f.二次抵抗
g.電圧
h.電流
i.高調波
j.二次周波数
k.一次周波数

解答

(1)-e.定速
(2)-一次周波数 
(3)-i.高調波 
(4)-f.二次抵抗
(5)-g.電圧
 

解説

産業用インバータの使用目的
1.省エネルギー:必要な風量、流量に応じた速度制御運転による駆動電力の
低減
2.品質向上、生産性向上:ラインの速度を上げる
3.自動化、省力化:複数の電動機の同期運転・比例制御
4.快適性向上:ショックレスの加速、減速による乗り心地の向上
5.保守性の向上:無負荷時低速度運転などによる機械の超寿命化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

配電線路

◆電力「配電線路に関する問題」

受電端電圧6300vの三相3線式配電線の末端に、
電流80A、遅れ力率80%の三相平衡負荷が接続されている。
三相負荷の電力を求めなさい。


解答

698kw


解説

P=√3VI・cosθ=√3×6300×80×0.8/1000
=698kw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

電気計測

◆理論「電気計測に関する問題」

次の特徴に当てはまる計器を解答群の中より選びなさい。

1.高感度で外部磁界の影響が少ないが、直流専用である。
2.上部で安価であるが直流の測定では鉄片のヒステリシスのため誤差が生じる。
3.周波数や力率が測定できる。
4.感度、周波数特性は共によいが、波形ひずみの影響が大きい。
5.直流と交流の指示誤差が小さく交直比較器に使用できるが消費電力が大きい。

解答群
a.電流力形計器
b.整流形計器
c.可動鉄片形計器
d.可動コイル形計器
e.オシロスコープ

解答

(1)-d.可動コイル形計器
(2)-c.可動鉄片形計器
(3)-e.オシロスコープ
(4)-b.整流形計器 
(5)-a.電流力形計器

解説
その他の計器の特徴
静電形計器:電極間の静電的吸引力あるいは反発力を利用した計器
誘導形計器:電流による回転磁界と金属板に生じた、うず電流との間に
生ずるトルクを利用した計器
振動片形計器:振動子の機械的な共振を利用した計器

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

電気管理

◆法規「電気管理に関する問題」

次の電気管理に関する記述に適合する答えを解答群より選びなさい。

1.省エネルギーを考えた設備管理を行うために準拠しなければならない法律
2.電気設備は機械装置の心臓部に当たり停電と故障による停止損失が大きく
なるため、特に設計時に考慮すること
3.電気災害はあらゆる手段を尽くしてその発生を防止すべきものなので
設備管理に当たって優先すること
4.電気設備は長期間の使用で劣化し、機能や安全性が低下するので
これが、容易な設備が望ましい
5.電気の質を要求する機械装置が増加の傾向にあり、電圧及び周波数の
変動がすくないことと同時に必要な特性

解答群
a.省力化
b.合理化
c.少ない波形ひずみ
d.操業度
e.安全性
f.高調波
g.高効率
h.信頼性
i.保全性
j.生産性
k.エネルギーの使用合理化に関する法律
l.電気設備技術基準

解答

1-k
2-h
3-e
4-i
5-c


解説

省エネルギーを考えた設備管理としては、設備・機器の計画から使用及び
保全に至るまでの総合的管理が必要であり、特に計画段階における設計によって
設備の品質、機能などの基本が左右されるので、設計部門と関係部門とは
的確な情報の交換を行うことが重要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

電気加熱

◆機械「電気加熱に関する問題」

次の電気加熱に関する記述に適合する答えを解答群の中より選びなさい。

1.鉄の溶解や金属の熱処理
2.塗装の焼付け、乾燥や樹脂の硬化
3.食品の調理、冷凍品の解凍やゴムの加硫
4.1500~2500℃の非酸化雰囲気中で非金属発熱体として使用する材料
5.1000~1400℃の酸化雰囲気中で金属発熱体として使用する材料


解答群
a.抵抗加熱
b.赤外線加熱
c.アーク加熱
d.誘導加熱
e.誘電加熱
f.マイクロ波加熱
g.炭化けい素
h.鉄クロムアルミ系
i.タングステン
j.カーボン

解答

(1)-d.誘導加熱
(2)-b.赤外線加熱 
(3)-f.マイクロ波加熱 
(4)-j.カーボン
(5)-h.鉄クロムアルミ系
 

解説

誘導加熱:高周波を用いて金属の急速加熱、表面処理を行うものと
低周波を用いて金属の溶解、圧延等を行うものがある。
赤外線加熱:塗装の焼付け、乾燥や樹脂の硬化、保温等表面加熱に適する。
マイクロ波加熱:食品の調理、解凍、例として電子レンジ
単体金属発熱体の内、タングステンやモリブデンは高温で酸化されやすく、
還元雰囲気、中性雰囲気または真空中でなければ使用できない。
合金発熱体である、鉄クロムアルミ系は酸化雰囲気で1000~1400℃で
使用される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

デマンド制御

◆電力「デマンド制御に関する問題」

次のデマンド制御に関する問いに答えなさい。
1.負荷のデマンド制御は、電力設備の効率的運転と省エネルギーを推進する
ことを目的としているが、制御するものはなにか。
2.デマンド制御をおこなうことにより向上するものはなにか。
3.デマンド制御を行うことにより、超過を防止したり、適切な制御を行う
ことにより下げることができるものは何か。
4.デマンド制御を行うことにより電気料金の節減は可能か。
5.一般に特別高圧受電となるのは、契約電力が何KW以上か。


解答

1.最大需要電力(デマンド)
2.負荷率
3.契約電力
4.可能
5.2000KW

解説

デマンド制御は最大需要電力を抑えるための対策で、省エネとして大きな
効果を得ることができる。
デマンド制御を行うメリット
1.平均負荷率が向上し、設備の利用率が向上する
2.使用電力が同じ場合、電力損失が低減する
3.契約電力の低減が図れる
4.電気設備の小型化が図れる
5.省エネ対策として最も簡単に実施できる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LAN

◆理論「LANに関する問題」

次のLANに関する記述に対応する用語を解答群の中より選びなさい。

1.あるサービスを提供する役割
2.ネットワークの分岐や延長を行うもの
3.サーバに対してファイルの検索や印刷といった「サービスを依頼する」
パソコン
4.道筋、経路を選択してデータの伝送を処理させる装置
5.「ハブ」と呼ばれる集線装置によって端末を接続するLAN方式


(ア)ハブ(HUB) (イ)NIC     (ウ)イントラネット
(エ)ルータ     (オ)クライアント  (カ)ADSL
(キ)FTTH    (ク)サーバ     (ケ)10BASE-T
(コ)10BASE5 (サ)10BASE2

解答

(1)-(ク)サーバ
(2)-(ア)ハブ(HUB)
(3)-(オ)クライアント
(4)-(エ)ルータ 
(5)-(ケ)10BASE-T


解説

1.クライアントから依頼されたしょりを請負、プリンタやディスクなどの
周辺機器の共有、セキュリティ機能を集中的に実効監理する。
2.LANではネットワークの中心に位置しLANケーブルを束ねる
集線装置を意味する。
3.ネットワークに接続されたデスクトップやノートパソコンの中である処理を
以来するパソコンのこと。
4.ネットワークとネットワークの間を相互に中継する装置
5.コストが安価で配線が簡単。他に10BASE5や10BASE2という
方式があり、イーサネット(IEEE802,3)という国際標準規格で
ケーブルの長さや端末の数の違いによって使い分ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

電路資材

◆法規「電路資材に関する問題」

次の電路資材に対応するものを解答群より選びなさい。

1.金属線ぴ
2.配線ダクト
3.可とう電線管
4.ネジなし薄鋼電線管
5.ポリエチレンライニング鋼管


解答群
a.PLP
b.メタルモール
c.ライティングレール
d.プリーカチューブ
e.Eパイプ

解答

1-b
2-c
3-d
4-e
5-a


解説

電気工事の施行方法を勉強していますと必ず出てくる「金属線ぴ工事」、
いったいこの「線ぴ」っていったいなんだろう?

一般的には「モール」と呼ばれていて、壁や床などに露出配線する場合に
見た目をすっきりさせたり、つまずきにくくするように電線を通す配線材料の
ことです。
コンセントを追加した場合などで配線が壁内部に通せないばあいなどに利用し、
一般家庭やオフィスなどでも良く見かけると思います。
幅が5cm以下で肉厚が0.5mm以上の物を「線ぴ」と呼び、それ以上のものを
「ダクト」と区別されます。

配線ダクト
スポットライトなどの照明器具を取り付けることが出来る給電レールで、
専用のプラグの付いた照明器具であればレール上のどの位置にも取付け取外し
が容易に行えるようになっています。一般的には「配線ダクト」
「ライティングレール」などの名称で呼ばれる事が多く、メーカーごとに
「○○ライン」「○○レール」などの商品名が付けられているのでややこしいが、
JIS規格で統一されているため異なるメーカーの照明器具でも取付けができます。
店舗や美術館などで見ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

自動制御

◆機械「自動制御に関する問題」

次の自動制御に関する記述の空白に適合する答えを解答群の中より選びなさい。

自動制御は、大きく分けて(1)「   」と(2)「   」の
2種類がある。
(1)の制御は、制御量の値を目標値と比較し、両者を一致させるように
(3)「   」を行う制御である。
この制御系は、信号が一巡するように閉じられているので、(4)「   」
制御系である。
(2)の制御は、あらかじめ定められた順序に従って制御の各段階を逐次
進めていく制御で、(5)「   」制御系である。

(ア)比例制御     (イ)開回路      (ウ)閉回路
(エ)シーケンス制御  (オ)フィードバック  (カ)ループ
(キ)訂正動作     (ク)変換       (ケ)測定

解答

(1)-(オ)フィードバック
(2)-(エ)シーケンス制御 
(3)-(キ)訂正動作 
(4)-(ウ)閉回路
(5)-(イ)開回路 

解説

フィードバック制御には、定値制御(例:電圧、回転速度などを一定制御する
自動調整装置)と追従制御(例:自動平衡形計器)、比率制御、プログラム制御
がある。
シーケンス制御には、例:自動洗濯機、自動販売機、旋盤、工作機械などがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

水力発電所

◆電力「水力発電所に関する問題」

水力発電所の水圧管内における単位体積当たりの水が保有している
運動エネルギー(J/m3)を表す式として、正しいのは次の内どれか。
ただし、水の速度は水圧管の同一断面において管路方向に均一とする。
また、ρは水の密度(kg/m3)、νは水の速度(m/s)を表す。

1.1/2(ρ^2ν^2)
2.1/2(ρ^2ν)
3.2ρν
4.1/2(ρν^2)
5.√(2ρν)

解答

4.

解説

質量をm(kg)、速さをν(m/s)とすると、
運動エネルギーは、
1/2(mν^2) (J)

単位体積当たりの水の質量はρ(kg)だから、
1/2(ρν^2)(J/m2)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

情報処理

◆理論「情報処理に関する問題」

次の文中の空白に適合する答えを解答群より選びなさい。

コンピュータでは高速小容量の記憶装置と低速大容量の記憶装置を組合わせて
記憶装置全体に対する平均アクセス時間を短縮し、見かけ上高速・大容量の
記憶装置を構成している。
これを記憶装置の(1)「   」という。
主記憶装置と中央情報処理装置(CPU)の間に置かれる記憶装置を
(2)「   」、主記憶装置と磁気ディスク装置との間に置かれる
記憶装置を(3)「   」という。
(2)や(3)にアクセス対象となるデータが存在している確率を
(4)「   」という。
(4)を0.6、主記憶装置のアクセス時間を100ns、
(2)のアクセス時間を10nsとすると、CPUが主記憶装置及び
(2)をアクセスするときの平均アクセス時間は(5)「   」
nsとなる。


(ア)FTP       (イ)ヒット率     (ウ)外部記憶
(エ)階層構造      (オ)キャッシュメモリ (カ)補助記憶装置
(キ)ディスクキャッシュ (ク)26       (ケ)46

解答

(1)-(エ)階層構造
(2)-(オ)キャッシュメモリ
(3)-(キ)ディスクキャッシュ
(4)-(イ)ヒット率 
(5)-(ケ)46


解説

平均アクセス時間Taは、ヒット率をp、主記憶装置のアクセス時間をtM、
キャッシュメモリのアクセス時間をtcとすると、

Ta=(1-p)tM+p・tc
=(1-0.6)×100+0.6×10=46(ns)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

電線路

◆法規「電線路に関する問題」

次の電路で電線路に該当しないものはどれか。

1.変電所と変電所間を結ぶ電路
2.工場構内の受電室から工場建物の引込口に至る電路
3.発電所から変電所に至る電路
4.柱上変圧器から住宅の引込口までの電路
5.住宅の屋内配線から分岐して庭の庭園灯に至る電路


解答

5.


解説

住宅の庭は、住宅と同一の電気使用場所と解されているため、当該電気使用場所
における電気の使用を目的として施設される電線となり、配線である。
なお、工場などにおいても、工場建物に隣接した屋外に施設される負荷設備は、
当該工場と同一使用場所と解される。
しかし、屋外の他の作業場と解される場合には、他の電気使用場所となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

同期発電機の短絡比

◆機械「同期発電機の短絡比に関する問題」

同期発電機の短絡比sは次の式によって現されるが、式中の空白に適合する
組み合わせとして正しいのはどれか。

s=
{(a)の発生に要する励磁電流}/{(b)時に定格電流を流すときの励磁電流}

1.(a)定格電流    (b)1線地絡
2.(a)定格周波数   (b)三相短絡
3.(a)三相短絡電流  (b)定格電圧
4.(a)無負荷定格電圧 (b)三相短絡
5.(a)定格電流    (b)定格周波数


解答

4.

解説

短絡比の大なる同期機は、鉄心の量が多くなり、機械の寸法や重量が大きくなり、
鉄損や機械損などの固定損が大きくなり、効率が低下し価格も高くなる。
そのかわり、電機子反作用、電圧変動率が小さくなり、過負荷耐量が大きく
なりことから、安定度や線路充電容量が大きくなります。(鉄機械)
 短絡比の小さい同期機は、電機子巻線の量が標準より多くなり、
機械の寸法や重量が小さくなって銅機械と呼ばれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

使用済核燃料再処理

◆電力「使用済核燃料再処理に関する問題」

原子力発電所で使い終わった燃料を使用済燃料というが、
つぎの使用済燃料の再処理に関する記述で誤っているのはどれか。

1.使用済燃料には核分裂しなかったウラン238と、中性子を吸収して
新たに生成されたプルトニウムが含まれている。
2.使用済燃料を化学的に処理し、再び利用できるウランとプルトニウム、
その他の核分裂生成物に分けることを「再処理」という。
3.再処理することによって、リサイクルできるので、使用済のウラン燃料は
貴重なエネルギー資源といえます。
4.再処理を行うことで高レベル放射性廃棄物の量を減らすことができるため、
放射性廃棄物の処分に関する負担も軽減される。
5.青森県六ヶ所村の再処理工場は、試験を行うなどして、2006年の
商業運転を目指している。


解答

1.


解説

1.使用済燃料には核分裂しなかったウラン235と、
中性子を吸収して新たに生成されたプルトニウムが含まれている。

が正解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

コイルの誘導電圧

◆理論「コイルの誘導電圧に関する問題」

自己インダクタンスL=50(mH)のコイルに流れる電流iを20msの
間に6A変化させた。
コイルに発生する誘導電圧e(V)はいくらになるか。


解答

15 (V)

解説

e=L(ΔI/Δt)=50×10^-3 ×6/(20×10^-3)
=15(V)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

電路

◆法規「電路に関する問題」

下記の記述中の空白に適合する答えを記入しなさい。

電路は、大地から(1)「   」しなければならない。
ただし、構造上やむをえない場合であって通常予見される使用形態を考慮し
危険の恐れが無い場合、または、(2)「   」による高電圧の侵入等の
異常が発生した際の危険を回避するための(3)「   」その他の
保安上必要な措置を講ずる場合は、この限りでない。


解答

1.絶縁
2.混触
3.接地

解説

電路の絶縁は電技解釈第13条電路の絶縁により次のように決められています。

電路は次のような場合を除き大地と絶縁しなければならない。

1. 構造上やむをえない場合で通常予想される使用形態を考慮して危険のおそれが
ない場合。
2. 混触によるによる危険回避のために接地する場合。
3. 保安上必要な措置を講ずる場合。

電路を絶縁することは、漏電火災や感電事故を防げるだけでなく電力損失の増加も
防止することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

交流電磁石

◆機械「交流電磁石に関する問題」

つぎに示す交流電磁石の特徴で誤っているものを選びなさい。

1.磁束が交番するので、塊状鉄心だとうず電流を生じる
(鉄心は成層鉄心を用いる)
2.浮遊負荷損を生じるので、良質の鉄心材料を必要とする
3.吸引力は2倍の周波数で脈動する
4.励磁電流の大きさは磁路や空隙の変化で大きく変わる
5.高速動作に適する


解答

2.

解説

2.ヒステリシス損を生じるので、良質の鉄心材料を必要とする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

水力発電所

◆電力「水力発電所に関する問題」

定格周波数60Hzで運転している水力発電所で負荷遮断試験を行った
ところ、速度上昇率が30%であった。
この発電機の極数を10極とすると、最大回転数はいくらか。

解答

936(rpm)


解説

周波数と極数が与えられているので、
定格回転数を求める、
定格回転数N=120f/p=120×60/10=720(rpm)

ゆえに速度変動率σの公式に、各数値を代入すると、
σ=(Nm-N)/N ×100(%)
σ=30%、N=720rpmであるから
30=(Nm-720)/720 ×100
Nm=720(1+0.3)=936(rpm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

正弦波交流

◆理論「正弦波交流に関する問題」

e=√2Ecos(100πt-π/6)(V)と
i=√2Isin(100πt+π/4)(A)で表される電圧と電流の
相差を時間(s)で表すといくらになるか。

解答

1/1200 (s)

解説

eをsinで表せば、位相をπ/2ずらす必要があるので、位相差としては

Δθ=(-π/6 + π/2)-π/4=π/12(rad)

この位相差を時間で表すには、ωt=Δθを満足するtを求めればよい。
ω=100πであるから

t=Δθ/ω=(π/12)/100π=1/1200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

照度基準

◆.法規「照度基準に関する問題」

JISの照度基準(事務所)に関する記述で誤っているのはどれか。
1.非常階段は70~30(lx)である。
2.屋内駐車場(パーキング)は150~70(lx)である。
3.エレベータは300~150(lx)である。
4.電気室は700~300(lx)である。
5.営業室は1500~700(lx)である。


解答


2.

解説

屋内駐車場(パーキング)は70~30(lx)である。
屋内駐車場(場内走路)は150~70(lx)で正解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

変圧器

◆機械「トランス(変圧器)に関する問題」

つぎに示すトランス(変圧器)の中でアーク溶接器に使用するものを選びなさい。

1.スコットトランス
2.絶縁トランス
3.高漏れトランス
4.アモルファストランス
5.単巻トランス


解答

3.

解説

1.スコットトランス
三相回路から相当大容量の単相負荷を、変圧器の結線により三相回路に
平衡負荷として取りたい場合、たとえば単相の電気炉や非常用電源の
単相負荷等でこのような場合、最も広く用いられているのがこのスコット
結線方式のトランスです。

2.絶縁トランス
般的な機器に使用されているトランスは、入力側の線と出力側の線がつながって
おらず、電気的には絶縁状態にあり、入力側の電気は電磁誘導によって出力側に
伝わります。
このように、入力と出力が分離しているトランスを絶縁トランスといいます。

3.高漏れトランス
特に漏れ磁束を多くした変圧器で、負荷電流が流れると二次端子電圧が
著しく降下(垂下特性という)し、負荷電流はほぼ一定となる。

4.アモルファストランス
鉄心にアモルファス合金を採用して全損失を約40%にまで低減、
アモルファス合金とは、鉄やボロン、けい素などを原材料に、溶融状況から急激に
冷却することで作られる非結晶の固体です。
けい素鋼帯と比べて無負荷損失(ヒステリシス損+渦電流損)を約1/5に
低減することができます。

5.単巻トランス
電源側、負荷側が同一巻線になっており、電圧を変換するためだけのみの目的に
使用します。
変圧比が小さい場合には、絶縁式と比べ、小型で軽量です。
三相複巻で入力400V、出力200Vの100kVAでは、重量が500kg
程度にもなりますが、単巻した時には、350kg程度となります。
変圧比が小さければ小型になり、変圧比が大きくなれば大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

トラッキング現象

◆電力「トラッキング現象に関する問題」

つぎに示すトラッキング現象に関する記述で正しいのはどれか。

1.送電線に対して横から風が当たると、電線に揚力が発生し振動起きる現象。
2.送電線に付着した雪や氷が脱落したときに電線が跳ね上がる現象。
3.CVケーブルに発生する現象で絶縁破壊が樹枝状に進行する。
4.水分を帯びた絶縁物に電流が流れることにより炭化し、絶縁破壊が進行
する現象。
5.送電線に落雷した電流が鉄塔を伝わって大地に流れる現象。

解答

4.


解説

1.ギャロッピング
2.スリートジャンプ
3.水トリー現象
4.トラッキング
5.フラッシュオーバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

効果

◆理論「効果に関する問題」

次に示す現象の中で電子冷凍に応用されるものはどれか。


1.ピエゾ効果
2.エジソン効果
3.ペルチェ効果
4.ゼーベック効果
5.ピンチ効果


解答

3.


解説
1.ピエゾ効果
水晶、電気石、ロッシェル塩、リン酸カリ、リン酸アンモニューム、
チタン酸バリウムなどの結晶に機械的ひずみ力を加えると、その強さに
比例して結晶が分極して結晶表面に電位差を生ずる現象。

2.エジソン効果
加熱されたフィラメントから電荷が放出される現象をいう。
いわゆる熱電子放出現象のことである。

3.ペルチェ効果
冷却効果のある電子部品の一つ。コンピュータのCPUの冷却装置などに
使われている。2種類の金属の接合部に電流を流すと、片方の金属から
もう片方へ熱が移動するという「ペルチェ効果」を利用した素子である。

4.ゼーベック効果
ゼーベックは銅とビスマスのような異なる2種類の金属ワイヤの両端を繋いで
リングにして、接続部の片方を熱するとワイヤ中に電流が発生して磁場が
発生することを発見した。これは彼の名を冠してゼーベック効果と呼ばれる。
ゼーベック効果は熱電対などに応用されている。

5.ピンチ効果
直線電流が流れると,その周囲に同心円状の磁力線をもつ磁界ができ,
直線電流 はこの磁界からしめつけられるような力を受けることになる。
このとき,電流が大きいと,生じる磁界の強さも大きいから,電流をしめ
つける力も大きくなる。したがって,電流が十分大きいときには,自分自身の
作った磁界にしめつけられて,電流は中心部に集まって流れることにる。
この現象は1934年にベネット(Bennet)によって論じられ,後に「ピンチ効果」
と名づけられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

低圧屋内配線

◆法規「低圧屋内配線に関する問題」

下記の記述中の空白箇所に記入する数値又は字句として正しいものを
組合わせたのは次の内どれか。

低圧屋内配線の使用電線は、原則として、直径「(ア)」(mm)の軟銅線
若しくはこれと同等以上の強さ及び太さのもの又は断面積が「(イ)」(mm^2)
以上の「(ウ)」ケーブルでなければならない。

1.(ア)1.2 (イ)1    (ウ)MI
2.(ア)1.2 (イ)1.25 (ウ)CV
3.(ア)1.6 (イ)1    (ウ)MI
4.(ア)1.6 (イ)1    (ウ)CV
5.(ア)1.6 (イ)1.25 (ウ)CV

解答


3.

解説

MIケーブルは、銅導体を酸化マグネシウムと銅シースで被覆したケーブルで、
次のような優れた特徴を有する。


特 長

1.抜群の耐熱性

2.許容電流が大きい

3.耐老化型・長寿命

4.優れた耐食性

5.燃えない電線

6.優れた耐放射線性

7.電線管が不要

8.ヒーティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

三相誘導電動機の速度制御

◆機械「三相誘導電動機の速度制御に関する問題」

インバータによる三相誘導電動機の速度制御は、つぎにあげる方式のどれに
相当するか。

1.周波数制御
2.極数変換による制御
3.端子電圧を変えて行う制御
4.二次抵抗による制御
5.縦続法

解答

1.

解説

1.周波数制御
電源の周波数を変えると同期速度が変わるので電動機の回転数も可変できる。

2.極数変換による制御
電動機の固定子巻線の接続を変える事によって極数を変えると同期速度が変わる
ので電動機の回転数を変えることができる。

3.端子電圧を変えて行う制御
始動補償器のような三相変圧器をもちいて、電動機に加わる電圧を調整して
負荷の所要トルクと平衡させた速度を得るもので速度制御範囲は狭い。

4.二次抵抗による制御
二次抵抗法による始動法と全く同じ方法で、抵抗器の抵抗値を変える事に
よって電動機の速度を制御する。

5.縦続法
極数の異なる二つの電動機を同軸に接続し、一方は電源につなぎ、その
スリップリングからの二次出力を他方の固定子巻線に接続すると、
回転速度は二つの電動機の極数の和を極数とする電動機の回転数となる。

N=120f/(p1+p2)
f:電源周波数Hz
p1、p2:二つの電動機の極数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »