« コンピュータ | トップページ | 磁気回路のオームの法則 »

2009年6月13日 (土)

電気主任技術者

◆法規「電気主任技術者の外部委託制度に関する問題」

電気主任技術者の外部委託制度については、
一定の条件を満たす法人が外部委託先として参入できるように所要の
法令改正が行われ、平成16年1月から施行された。
改正のポイントについて間違っているのどれか。

1.国が法人(各地電気保安協会等)を指定する仕組みが廃止された。
2.安全上問題がある場合に、国が保安管理業務外部委託承認を取り消す
ことが可能とした。
3.個人(電気管理技術者)の要件として、新たに承認の取り消しから
1年を経過しない者でないことを要件とした。
4.法人の要件として、個人(電気管理技術者)の要件と同様の要件を規定した。
5.法人の要件として、新たに組織のマネジメントに関する要件を設けた。

解答

3.

解説

新たに承認の取り消しに関する規定を設けることに伴って、
個人(電気管理技術者)の要件として、承認の取り消しから
2年を経過しない者でないことを要件とした。

|

« コンピュータ | トップページ | 磁気回路のオームの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30090468

この記事へのトラックバック一覧です: 電気主任技術者:

« コンピュータ | トップページ | 磁気回路のオームの法則 »