« 磁気回路のオームの法則 | トップページ | コンピュータ »

2009年6月15日 (月)

電磁誘導防止対策

◆電力「電磁誘導防止対策に関する問題」

つぎにあげる電力線の通信線に対する、電磁誘導防止対策について
誤っているのはどれか。

1.通信線との離隔距離をできるだけ大きくする。
2.通信線にケーブルの使用はできるだけ避ける。
3.通信線に避雷器をとりつける。
4.電力線と通信線の間に、導線率の大きな遮蔽線を設ける。
5.故障時に、故障線を迅速に遮断する。

解答

2.

解説

常時は通信線が電磁誘導を受けることはほとんど無いが、電力線が1線地絡を
起こすと地絡電流が流れて電磁誘導が発生する。

その他の防止対策としては、
6.中性点の接地抵抗を大きくして、地絡電流を適当な値に抑制する。
7.中性点の接地箇所を敵津に選ぶ。
8.架空地線に導電率の良い鋼心イ号アルミ線などを使用するとともに、
条数を増加させる。

|

« 磁気回路のオームの法則 | トップページ | コンピュータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/30123336

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁誘導防止対策:

« 磁気回路のオームの法則 | トップページ | コンピュータ »