« 重ねの理 | トップページ | 三相誘導電動機 »

2009年5月18日 (月)

揚水発電

◆電力「揚水発電に関する問題」

次の揚水発電に関する記述の中より誤っているものを選びなさい。

(1)ポンプ水車には、フランシス形と斜流形がある。
(2)斜流形のランナの形状は、水車専用機とほとんど同様である。
(3)水車運転時の最高効率の回転速度はポンプ運転時と同じである。
(4)ポンプ水車の比速度 Ns は水車と異なる。
(5)ポンプ水車は水車運転時とポンプ運転時の回転方向が異なる。

解答

(3)

解説

揚水発電
 夜間電力などの余剰な電力を使って、下部のダム(調整池)から上部の
ダム(貯水池)に水を汲み上げ、それを再度下部の貯水池に落とすことで
発電する方法。落差を大きくすれば発電力も上がる。電力会社は、ピーク時
など電力の必要な時に有効活用できると説明していて、特に24時間運転の
原子力発電の夜間電力消化に活用したいとしているが、自然豊かな山奥に
発電所や送電塔を建設するケースが多いため、各地で反対運動が起きている。

ポンプ水車は水車運転時とポンプ運転時の回転方向が異なり、
水車運転時の最高効率の回転速度とポンプ運転時のそれとは一般に異なる。
そのため両方の回転速度を変えることが考えられるが、発電電動機の
構造が複雑になるので普通は同一回転速度で運転される。
したがって、回転速度は水車とポンプ水車の最適回転速度の中間に定める。

|

« 重ねの理 | トップページ | 三相誘導電動機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/29669699

この記事へのトラックバック一覧です: 揚水発電:

« 重ねの理 | トップページ | 三相誘導電動機 »