« 三相誘導電動機 | トップページ | 鳳・テブナンの定理 »

2009年5月20日 (水)

電路の絶縁

◆法規「電路の絶縁に関する問題」

次の電路の絶縁に関する記述で誤っているのはどれか。

(1)電路の絶縁には、線間絶縁と大地間絶縁がある。
(2)絶縁抵抗とは電気を通すことをさえぎる力の大きさのことで,
この値は大きいことほど良い。
(3)単相3線式(中性点接地)100/200V幹線の絶縁抵抗値は、
0.2MΩ以上である。
(4)三相3線式(中性点非接地)420V幹線の絶縁抵抗値は、
0.4MΩ以上である。
(5)三相3線式(中性点接地)420V幹線の絶縁抵抗値は、
0.2MΩ以上である。

解答

(2)

解説

電路の絶縁抵抗の場合は,低圧電路では電気法規においてはその絶縁抵抗値を,
下表-1に示す値以上とする。
表:v135fig4

V135fig4

|

« 三相誘導電動機 | トップページ | 鳳・テブナンの定理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/29714390

この記事へのトラックバック一覧です: 電路の絶縁:

« 三相誘導電動機 | トップページ | 鳳・テブナンの定理 »