« 鳳・テブナンの定理 | トップページ | 揚水ポンプ »

2009年5月23日 (土)

水力発電

◆電力「水力発電に関する問題」

出力20000(KW)、有効落差80(m)の水力発電所がある。
水位が減少して有効落差が60mになった。
このとき水車に流入する流量Q(m^3/s)を求めよ。
ただし、水車および発電機の総合効率は80%で一定とする。

解答

27.6(m^3/s)

解説

有効落差80mのときの流量Q1(m^3/s)を求める。
Q1=20000/(9.8×80×0.8)=31.9(m^3/s)

有効落差が減少したときの流量Q2(m^3/s)は、
落差と流量の関係、
Q=kH^(1/2)
Q:流量(m^3/s)
H:有効落差(m)
k:比例定数
より、
Q2=31.9×(60/80)^(1/2)=27.6(m^3/s)

|

« 鳳・テブナンの定理 | トップページ | 揚水ポンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/29754334

この記事へのトラックバック一覧です: 水力発電:

« 鳳・テブナンの定理 | トップページ | 揚水ポンプ »