« 直流分巻発電機 | トップページ | ダイオード »

2009年4月 5日 (日)

接近状態

◆法規「接近状態の定義に関する問題」

電技では、架空電線が他の工作物と接近する状態を定義し、その接近状態に
応じて架空電線の施設を規制している。
図中の[1]~[3]に当てはまる答えを記入しなさい。

図:v125q41

V125q41

解答

[1]3m
[2]二次
[3]一次

解説

V125q42

第一次接近状態
架空電線が他の工作物と接近する場合において、当該架空電線が他の工作物の
上方または側方において、水平距離で架空電線路の支持物の地表上の高さに
相当する距離以内に施設されることにより、架空電線の切断、支持物の
倒壊などの際に、当該電線が他の工作物に接触する恐れのある状態をいう。
ただし、第二次接近状態に含まれるものは除かれる。

第二次接近状態
架空電線がたの工作物と接近する場合において、当該架空電線が他の工作物の
上方または側方において、水平距離で3m未満に施設される状態をいう。

|

« 直流分巻発電機 | トップページ | ダイオード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28978223

この記事へのトラックバック一覧です: 接近状態:

« 直流分巻発電機 | トップページ | ダイオード »