« 電気力線 | トップページ | 空調送風機 »

2009年4月21日 (火)

原子力発電

◆電力「原子力発電に関する問題」

次の文中の空白に適合する答えを解答群の中より選びなさい。

軽水形原子炉には、(1)「   」形原子炉と(2)「   」形原子炉の
2種類がある。
いずれも、軽水を(3)「   」材と(4)「   」材に兼用するもの
であるが、構造上の主要な相違点は、後者には(5)「   」があるのに
対し、前者にはこれが無い点である。

解答群
ア 除湿器  イ 減速  ウ 制御  エ 加圧水  オ 反射
カ 遮蔽   キ 吸収  ク 冷却  ケ 蒸気発生 コ 加速
サ 沸騰水  シ 再熱器 ス 過熱器 セ 節炭器  ソ 汽水分離器

解答

(1)サ
(2)エ
(3)ク
(4)イ
(5)ケ

(1)と(2)、(3)と(4)は逆でも可

解説

電気を起こす方法としては、主に水力発電、火力発電、原子力発電があります。
どれも、発電機という機械のプロペラのような羽根=タービンを回すことで
電気を起こことに変わりはないのです。
 水力発電は、高い場所にあるダムから水を落とし、水の勢いで羽根を回します。
火力発電は、石油や石炭を燃やしてお湯をわかし、沸騰した水蒸気を羽根に
ぶつけて回します。 一方、原子力発電は、核燃料というものを使います。
核燃料は原子炉という入れ物の中にあって、とっても高い熱を出します。
この熱でお湯をわかします。しかし核燃料は放射能という、人間にとって
危険なものを出すため、このお湯も放射能を持ちます。このため、このお湯を
水蒸気にして羽根にぶつけると放射能があちこちに広がる恐れがあります。
そこで、放射能を持ったお湯は、原子炉の中から出たり入ったりグルグル回る
だけにしておきます。これを「一次冷却水」といいます。その代わり、
このお湯が入っているパイプを、別の水の中を通して、熱だけを、
別の水に伝えます。この水を「二次冷却水」といいます。
この水は放射能で汚れていないので、沸騰させて、できた水蒸気を羽根に
ぶつけます。
 こうすることで、放射能を持った水が外に出ない工夫をしています。

'99/07/18「週間子供ニュース」

|

« 電気力線 | トップページ | 空調送風機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/29223720

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電:

« 電気力線 | トップページ | 空調送風機 »