« 空調送風機 | トップページ | 計測 »

2009年4月23日 (木)

電線路

◆法規「電線路に関する問題」

次の低圧架空電線路と高圧架空電線路とを同一支持物に施設する場合の
記述で誤っているのはどれか。

1.低圧架空絶縁電線と高圧架空絶縁電線を同一の腕金に施設した。
2.低圧架空電線と高圧架空電線の離隔距離を50cmとした。
3.高圧架空電線と交流電車線との水平離隔距離を1mとした。
4.交流電車線の上部に低圧架空電線を施設し垂直距離を水平距離の
1.2倍とした。
5.高圧架空電線を交流電車線と水平距離で3m離して施設し、
径間を60mとした。

解答

1.

解説

低圧架空電線を高圧架空電線の下とし、別個の腕金類に施設すること。

ただし、高圧架空電線にケーブルを使用し、かつこれと低圧架空電線との
離隔距離を30cm以上として施設する場合及び
低圧架空引込線を分岐するため低圧架空電線を高圧用の腕金類に堅牢に
施設する場合はこの限りでない。

|

« 空調送風機 | トップページ | 計測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/29256613

この記事へのトラックバック一覧です: 電線路:

« 空調送風機 | トップページ | 計測 »