« 力率改善 | トップページ | 直流発電機 »

2009年3月25日 (水)

長幹碍子の定理

◆電力「長幹碍子の定理に関する問題」

長幹碍子の使用場所として誤っているのはどれか。

1.交流電車線路
2.直流電車線路
3.送電線路
4.配電線路
5.変電所

解答

4.

解説

長幹碍子
 長幹碍子は中実状磁器棒に適当なかさを設け、その両端にキャップを
取り付けた形状の碍子である。使用時には、磁器棒自体に引張荷重が加わる
ことになる。
 懸垂碍子と同様に、連結して使用することができる。
この碍子は送電線路のほか、交流および直流電車線路用碍子としても広く
使用されている

|

« 力率改善 | トップページ | 直流発電機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28806593

この記事へのトラックバック一覧です: 長幹碍子の定理:

« 力率改善 | トップページ | 直流発電機 »