« 分岐回路 | トップページ | 長幹碍子の定理 »

2009年3月24日 (火)

力率改善

◆理論「力率改善に関する問題」

単相200v、50Hz、力率60%、6kwの負荷に定格電圧がかかっている。
これを力率90%に改善するための進相コンデンサの静電容量を求めよ。

解答

406(μF)

解説

電力が、6kwであるから、改善後の無効電力Q1は、
Q1=6tanθ1=8(kva)

(∵tanθ1={√(1-cos^2θ1)}/cosθ1=0.8/0.6
=4/3)より
改善後は、
Q2=6tanθ2=6×{√(1-0.81)}/0.9≒2.9(Kvar)

よって,Cがとるべき無効電力は、
Qc=Q1-Q2≒5.1(Kvar)
=2πfCV^2×10^-3であればよいから、
fに50、Vに200をいれて、
C=5.1×(314×4×10^4×10^-3)=406(μF)

|

« 分岐回路 | トップページ | 長幹碍子の定理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28785020

この記事へのトラックバック一覧です: 力率改善:

« 分岐回路 | トップページ | 長幹碍子の定理 »