« 電機子反作用 | トップページ | 電気の歴史 »

2009年2月23日 (月)

負荷平準化

◆法規「負荷平準化に関する問題」

つぎの負荷平準化に関する記述で誤っているのはどれか。

1.電力需要はIT機器の普及拡大などにより昼夜間、季節間格差は
縮小傾向にあり、年負荷率は高くなっている。

2.ペース電源である原子力、石炭火力のウエイトが高まるにつれ、深夜余剰の
発生が予想される。

3.電力需要の負荷率の低下は設備利用率の低下をもたらし、ひいては料金原価の
上昇につながる。

4.電気の安定供給維持とコストの抑制を図るためには、負荷が平準化される方が
望ましい。

5.負荷平準化対策としては、温水器やヒートポンプ式冷暖房装置の普及努カ
などがなされている。

解答

1.

解説

電力需要は冷房機器の普及拡大などにより昼夜間、季節間格差は拡大傾向に
あり、年負荷率は低下を続けている。

|

« 電機子反作用 | トップページ | 電気の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28324792

この記事へのトラックバック一覧です: 負荷平準化:

« 電機子反作用 | トップページ | 電気の歴史 »