« 電磁誘導の法則 | トップページ | 変圧器の騒音対策 »

2009年2月16日 (月)

ギャロッピング

◆電力「ギャロッピングに関する問題」

ギャロッピング現象についての対策として正しいのは次の内どれか。

1.ギャロッピングの防止方法は今のところない

2.鉄塔群の間に強度の強い鉄塔を混ぜる

3.対策として、難着雪リングがある

4.対策として、ねじれ防止ダンパーがある

5.対策として、電線の水平配列がある

解答

1.

解説

筒雪がまだ十分に発達していないときは電線の断面方向の雪の付着状態は
丸い形ではなく片方にとがってゆがんだ状態です。こういう状態で強い風が
吹くと、着雪した電線は飛行機の翼のように揚力が発生することがあり、
そういう場合は電線は揚力を受けて浮き上がります。しかし飛行機の翼と
違い浮き上がると風と電線の関係がずれるため今度は揚力がなくなり、場合に
よっては下向きに揚力が発生したりします。こうして電線が揚がったり
下がったり大きく振動する現象を「ギャロッピング」と呼んでいます。
 ギャロッピングは振動が極端に大きくなって上の線や下の線と接触して
相間短絡となるケースはあまりありません。

|

« 電磁誘導の法則 | トップページ | 変圧器の騒音対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28137576

この記事へのトラックバック一覧です: ギャロッピング:

« 電磁誘導の法則 | トップページ | 変圧器の騒音対策 »